ポータブル赤道儀はモデルを問わず買取実施中!

皆様こんにちは!今回はポータブル赤道儀の買取についてお知らせしたいと思います。

コンパクト性を重視した赤道儀、通称「ポタ赤」は星座撮影において重宝するアイテムです。

現在の天体望遠鏡マーケットにある代表的なモデルは、大型機材を搭載できる本格的なものから、即席性を目的とした超小軽量のミニタイプ、望遠鏡の架台にも使える汎用性の高いおの3種類が存在します。

当店では各望遠鏡メーカーさんのラインナップにある様々なポータブル赤道儀を高価買取中です。

具体的にどういったものが買取の対象になるのか、その一部をご紹介いたします。

スカイポート
まずはこちら高橋製作所によって開発されたポータブル赤道儀

「スカイポート」

本機は1999年に話題となった皆既日食にあわせて発売されたスカイパトロールのシリーズモデルでもあります。

スカイパトロールは移動天体観測の用途を意識したパッケージで、タカハシ製の口径60mmサイズのフローライトアポクロマート屈折望遠鏡「FS-60C」、ステッピングモーターを搭載した片持ちフォーク式赤道儀、取り外しが出来る微動赤径軸をはじめスカイポート用の三脚がパッケージに標準で付属しています。

この極軸部分にカメラ用の雲台が設置できるプレートを装備したものがスカイポートになります。

価格は4万円台と良心的な設定で、その実用性とコストパフォーマンスの高さから中古品求めるユーザーは途絶えることがありません。

買取価格も長らく下落を見せるようなこともなく、その人気ぶりを伺わせます。

「スカイメモシリーズ」

ポータブル赤道儀と取り上げる上で忘れてはならないのがスカイメモ。

いわずも知れたケンコーの星野写真儀の名機。様々なシリーズモデルがありますが

今回の買取お知らせではスカイメモRについて取り上げさせて頂きます。

スカイメモ

スカイメモRは重量のあるカメラも搭載可能にする為、とても頑丈かつ精度の高い作りが特徴で

ポータブルというには少し大きめな印象ですが、本格的な使用にも十分なパフォーマンスを発揮してくれる素晴らしい一台。

この他にもスカイメモには様々なシリーズモデルが存在しますが、アストロワンではそれら全てが買取可能のアイテムとなっています。

その他、鏡筒や三脚などのパーツ単体のお買取ご相談も大歓迎!

また、天体望遠鏡をセットで購入したのはいいものの、あまり使わずに保管していてる内にパーツが欠品してしまっているのだけど

そういったのは買取できますか?というお問い合わせをよくいただきます。当店では構成されている機材一つ一つを査定の対象とする為

パーツが足りない状態でも買取に影響することはまったくありませんので、ご安心して査定お申し込みください!